tangerine

百合とかGLとかガールズラブとか、いっぱいいっぱい書きたいですvv

 
--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月15日
バレンタインの贈り物

「ただいま。
 …って、何このにおい!?」
「うわっ、桃香、もう帰ってきたのか!?」
「い、いったい何なの?」

外出から予定よりも早く帰ってきた桃香を迎えたものは、
異様な悪臭だった。
悪臭の発生源は台所…のコンロにかけられていた鍋の中にある、
炭化した物体だった。
桃香はいそいで部屋中の窓を開け、悪臭を追い出そうとした。
(寒いから部屋で暖まろうと思ってたのにー)



「あきれた」
「しょうがねーだろ。
 こんなこと、滅多にすることじゃないしよ」
「だからってね、
 チョコを直火にかける人がどこにいるのよ。
 それも強火で。
 すっかり焦げちゃってるじゃない。
 まだ部屋の焦げ臭さが消えないし、あの鍋もう使えないよ」
「…ごめん」
「どうしてこんな慣れないことをするかなー?」
「だって…」

由真は少しばつが悪そうに桃香から顔を逸らしていた。
それは、料理に失敗したことを恥じているという感じではなく、
どちらかというと、照れくささを覚えているような表情だった。

それは、桃香以外には決して見せることの無い顔。
それを見た桃香は、
姉が何をしたかったのかが何となくわかった気がした。
台所を見たところ、手付かずの炭化の危機を免れたチョコがまだ残っている。
いつになく落ち込み気味の姉を元気付けたい、
そんな気持ちが桃香の中に生まれた。



「お姉ちゃん、チョコまだ余ってるみたいだから、
 ガトーショコラ作ろうか?」
「…ガトーショコラ?ンなもん…作れねーよ」
「私が作るわよ」
「ま、待てよ!それじゃあ意味が…」

そのときの由真の態度で、
桃香の憶測は確信へと変わった。
姉は私のためにわざわざ手作りチョコを作ってくれていたんだと。

そして、嬉しくなった。
別に出来合いのものを買ってくれるだけでも十分嬉しいのに、
わざわざ自分のために慣れないことをしようとしてくれたことに。
だから、そんな姉の気持ちをを無にしたくはない、
そういう気持ちが桃香の中に芽生えていた。



「じゃあ、いっしょに作ろうよ。
 お姉ちゃんのわからないところは、私が教えるし」
そんな桃香の提案に由真は、少しだけ間をおいたが、
しばらくして少し明るくなった表情で返した。
「…ああ!」
由真がそう返事をしたとき、
部屋の中に充満していた焦げ臭さはすでに無くなっていた。



「なるほど、
 ボウルにチョコを刻んで入れて、
 それをお湯の入った鍋に入れて溶かすのか。
 …で、なんて言うんだったっけ?」
「湯せんよ、湯せん」
「あ、そうだっけ」
やはり由真は料理に関してはかなりの素人、
桃香の指導無しでは、とても先に進めることなどできるはずもなかった。
下手したら、先ほどのような惨事を再度引き起こしかねなかった。



「そういえば…」
「何だ?」
「お姉ちゃんとこうして台所に立つのって、初めてだよね」
「…そうだな。あたし、料理しねーし」
「お姉ちゃんがエプロンしてるところとか、初めて見たもん」
「う、うるせえな」
いつも勝気で活発な由真だが、
この時ばかりは恥じらいの表情を見せていた。
桃香はその表情をとても愛らしく思っていたが、
それを言うとせっかくのこの機会が台無しになりそうな気がしたから、
黙って気付かないふりをすることにした。

どうにもぎこちない由真に対し、
桃香は時折鼻歌を交えるくらい終始上機嫌で、
的確かつスムーズに作業をこなしていた。



それからしばらくして、ガトーショコラは焼きあがった。
桃香はホール状のガトーショコラを切り分け、2人分をテーブルに置いた。
テーブルの上には、
いつのまにか桃香が準備したティーセットが置かれている。

「できたねー」
「ああ…」
「どしたの?」
「いや…桃香はやっぱりすげーなって思って」
「ど、どうしたのよ、いったい」
突然の姉からの言葉に戸惑う桃香。

「だってお前、料理が上手で、
 こんなのだってすぐに作れてしまうし…。
 あたしなんて、チョコ溶かすことでさえできなかったのに。
 今日のチョコだって、桃香のために作ろうと思ったのに、
 結局桃香の手を借りることになっちまったから…」
由真はそう言いながら、表情がまた料理前のものにまた戻りつつある。
そんな姉をみて、桃香は言った。
「別に、いいよ。
 私たち趣味とか違うから、
 あまり一緒に何かをやるってことがなかったでしょ?
 だから…今日いっしょにお菓子作りができて、すごく嬉しい」
そう言う桃香の顔は、まるで桃のようにほのかに赤くなっていた。
「桃香…」
少し曇りがちだった由真の顔は、
その瞬間一気に晴れやかなった。
そして、やっぱり桃香にはかなわない、
桃香はいつもそばにいてほしい、そう思う由真だった。

「さ、早く食べよ。かたくならないうちに」
「ああ、そうだな」



2人で作ったガトーショコラは、
苦さと甘さがうまく調和して、とてもおいしかった。
由真にとって、それはまるで、
今日の惨事から現在の至福への過程を表現しているように思えた。

「あげるつもりが、もらっちまったな」
「何?」
「なんでもねえよ」

桃香と2人で共同で何かを作り上げる喜び、
由真にとってはそれが、バレンタインの贈り物のような気がしていたのだった。

「お姉ちゃん」
「何だ?」
「…ありがと」
「何が?」
「何でもないよ」
「なんだよそれ、気になるだろ」
「お姉ちゃんだって言わないから教えてあげませーん」
「ンだよそれー?」

口には出して言わないが、
桃香もまた由真と同じような気持ちになっていたのだった。



(END)



↓ 後記ですよん



どもどもー、ハッピーハッピーバレンタイン~♪
てなワケで、バレンタインSS書きました!
ひさびさのゆまももSSでっす☆
ゆまもも姉妹が一緒に何かをやってる姿を表現したいと思って、
こんな話を思いつきました!
んで、お互いの必要性を再認識する、みたいなw

ゆまももは、
ラブラブなこーえりと違って、
姉妹以上恋人以下(未満ではない)的な距離感がいいと思うのですが、
私程度の文才では、なかなかその距離感を出すのが大変なのです><
それゆえ書き始めても頓挫することが多くてなかなか完成させられないのですが、
今回は結構上手く言ったんじゃないかな~?って自分では思ってます☆

しかし、ラブラブなゆまももも想像しなかったわけではありませんw
以前運営してたブログで書いたゆまももSSでは、
ちゅーとかまでさせてしまってたしww
ちょっぴり恥ずかしいの書いちゃったなーって思います。
まあ、そのハズさが快感なんですけどネ(変)

なんか、そういう話もいつかは書きたいかも☆


スポンサーサイト
いつもながら、こういう微妙な心境を描くのが本当に上手いですよね!!

>いつも勝気で活発な由真だが、
この時ばかりは恥じらいの表情を見せていた。
桃香はその表情をとても愛らしく思っていたが、
それを言うとせっかくのこの機会が台無しになりそうな気がしたから、
黙って気付かないふりをすることにした。

こういう表現がとても好きなのですよ。
原作のキャラのイメージを残しておいて、かつチカさんのキャラとしてもイメージを作られていると思うのですよ。

チカさんのSSは読んで読者も幸せな気持ちになれますよね!!
きっと、チカさんお感受性が豊かで、ご自身も魅力的だからこそ、SSもそう感じられるのだと思いますよ。

最近、睡眠時間を大幅に削って勉強してて、ストレスも溜まりがちだったのですが、このSSのおかげですごく気が楽になりました。
これからもがんばって下さい!!
みんなを幸せにしてくれるSSをこれからも楽しみにしております!!











管理者宛の投稿

FC2カウンター

プロフィール

チカ

Author:チカ
女の子と女の子が女の子どうしで女の子し合う話が大好きですvv
同級生百合や姉妹百合が私の嗜好。
けど、上級生×下級生もやっぱ好きvv

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。