tangerine

百合とかGLとかガールズラブとか、いっぱいいっぱい書きたいですvv

 
--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大分に戻ってきましたー!
バスと電車を乗り継いで。
だって昨年末は体調不良で車を運転できず、
親に来てもらいましたから><

明日からまた仕事。
元気になった姿を見せなきゃ!!



↓ 以下、初夢話です。妄想暴走な内容なので、お覚悟の上でご覧下さいw



「女子高生」の世界から7~8年後、
絵里子ちゃんも香田も20代半ばくらいになってました。
絵里子ちゃんはすっかりオトナの女性になってたけど、
香田は見た目あまり変わってなかった気がしますw
2人はけっこう長い期間同棲生活しておりましたが、
とうとう結婚することになっちゃいました(≧∀≦)
今までもずっと一緒に住んでたから、
あんまり状況は変わらないのですが、
それでも2人にとっては長い間培ってきた愛情がようやく実を結ぶということで、
結婚前夜、2人は特別な思いを抱いているのでありました☆

******************************

パジャマ姿でソファーに並んで座りながら話す2人。

「私たち、とうとう結婚しちゃうんだよね」
「そだね…どしたの?」
「だって、なんか実感わかないんだもん。
 いままでだってずっと、あかりと住んでて、
 それはこれからもずっと変わらなくて…」
「…」
「…それなのに、私、なんだかすごくドキドキしている…
 息苦しいくらいに」
「ちょ、大丈夫なの!?」
「うん、大丈夫だよ」

  この感覚、あの時に似ている。
  あかりに対する恋愛感情をはじめて自覚した、あの時に。

「こうして苦しいときだって、辛い時だって、
 今はあかりが側にいてくれるから」
そう言って、あかりの体に身を寄せる絵里子
「だから、大丈夫」
「絵里子…」

「何か、思い出しちゃった。
 あたしたちが付き合い始めた頃のこと」
「え?」
「正確には付き合う直前だったかな。
 あの時も、絵里子の体の具合がおかしくなって、
 お見舞いに行ったら、絵里子から手を握られて、
 私もすごくドキドキしたっけ」
「…そうだったね」
「あれから7・8年かー。
 あの頃は私たちがこうなるなんて、考えもしなかったよね」
「…そうね」

  そうか…
  結婚ってきっと、付き合い始めた頃に立ち返って、
  自分のことを好きでいてくれる人、一緒にいてくれる人に感謝する機会なんだ。

「あかり…ありがと。私の告白、受け入れてくれて」
「あたしこそ、ありがと。あたしのこと、好きになってくれて」

しばらく寄り添い合う2人。
そのまま2人は顔は近づけ合うと、静かに口付けを交わした。

「さ、もう寝よ。明日は忙しくなるよ」
「そうだね」
「みんなに会うのも、久しぶりだよね。
 みんなと会えるの、すっごく楽しみ」
「あたしも」

そう言って2人はそのままベッドに入った。


******************************

かなり脚色入りましたが(ぉぃ)、
こんなカンジの初夢を見ました♪
ちょっと手直しすればSSになりますねw
初夢でこんな夢を見るということは、
今年はこーえりを幸せにしなさいという天啓ですかね?
こーえりSS、なかなか続編書けないままになってますし、
今年はがんばってなるだけ早くに仕上げたいと思います(≧ω≦)


スポンサーサイト











管理者宛の投稿

FC2カウンター

プロフィール

チカ

Author:チカ
女の子と女の子が女の子どうしで女の子し合う話が大好きですvv
同級生百合や姉妹百合が私の嗜好。
けど、上級生×下級生もやっぱ好きvv

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。