tangerine

百合とかGLとかガールズラブとか、いっぱいいっぱい書きたいですvv

 
--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月29日
2人の時間


「こんにちはー・・・って、誰もいないか」
放課後、梓は軽音部の部室を少し見回し、
まだ誰も来ていないことを確認した。

今は静かだが、にぎやかになるまではそう時間はかからない。
しばらくすれば、先輩達がやってきて、
それはそれは楽しいティータイムが始まるのだから。
できれば、バンドの練習でにぎわしくなってほしいところだけど、
もうそれは今さら突っ込まないでおこう。



でも、梓には彼女だけの楽しみがある。
それは、梓が部室に来る時間と部室がにぎやかになる時間の間の、
決して長くは無い時間。
そう、まさに今このとき。



ぱたぱたぱた・・・
部室の外から音が聞こえてきた。
間違いない。
これは、自分の大好きな人が、
まさに今ここに来ようとしている足音。
梓は、次第に自分の胸が熱くなってきているのを覚えた。

そして、部室の扉が開くと同時に、
「あずにゃーん!」
と梓を愛称で呼ぶやいなや、
唯は梓に抱きついたのだった。



「うー、あずにゃん、会いたかったよー」
「ゆ、唯先輩、大袈裟ですね、
 いつも会ってるじゃないですか。
 今日のお昼だって、一緒でしたし」
「私はね、あずにゃんと少しでも長く、
 ずーっといっしょにいたいんだよ」
「だからって、そんなに抱きついてこなくても」
「それとも、あずにゃんは・・・違うの?
 いつも私といっしょじゃ、嫌?」



突然、悲しそうな声に変わる唯。
梓は唯の顔をうかがうことはできなかったが、
きっと表情も悲しそうなものになっているのだろうと思った。
唯が言葉と表情と感情を一致させずに振舞えるほど器用な人ではないことを知っていたから。
だからきっと、本気で悲しいという感情をも抱いているに違いなかった。



梓は唯に悲しい思いをさせたくは無かった。
梓は唯のことが大好きだから。
だから、唯に悲しまれてしまうと、梓は弱かった。
だから梓は、簡単に陥落してしまうのだった。



「私だって・・・唯先輩とは、
 少しでも一緒に・・・いたい・・・です」
「あ・・・あずにゃーん!」
「せ、先輩!」
嬉しそうに頬擦りをしてくる唯に、
梓はなすすべがなかった。
それは、梓だって嬉しかったから。
こんなにも自分のことを愛してくれていることを。



こんなやり取り、今まで何回やったことだろう。
もう、数え切れないくらいやっている。
唯のスキンシップを拒否するような仕草をすると、
唯は突然悲しそうになる。
そこで梓が唯をなだめる。
そして2人で愛を確かめ合う。

はたから見れば、典型的なバカップルかもしれない。
梓だって、少しだけ馬鹿馬鹿しさを感じないでもなかった。
(唯は全く気にする様子は無いのだが)
でも、唯が嬉しそうになると、梓も嬉しくなり、
何もかもを許せるような気になるのだった。
このような茶番じみたやり取りであっても。



頬擦りがしばらく続いた後、
唯は梓から少し顔を離して梓を見つめるとやがてゆっくり目を閉じ・・・

ふわっ

そのまま静かに梓に口付けをした。

それは、愛に満ちあふれた、
とてもやわらかくて、やさしい感触。

いつしか梓も、ゆっくりと目を閉じて唯からの口付けを静かに受け入れていた。



  あずにゃん、大好きだよ
  世界で一番、あずにゃんのことが


  私も、世界で一番、
  唯先輩のことが大好きです
  


2人はそのまましばらく動くことはなかった。



2人だけの時間は、間もなく終わろうとしている。
だけど、2人だけの時間はまたやって来る。
その時間がまた終わったとしても、さらにまたやって来る。
そうした時間が重なっていくことで、
2人の時間はやがて永遠となる。




ふわっ



2人は再度、口付けを交わした。
ずっとずっと一緒にいられるように、この時間での最後の口付けを。
永遠へと繋がる、口付けを。



(END)



↓後記ですのだー



続きを読む

スポンサーサイト
2009年09月26日
これからの予定



そろそろ本格的に引っ越し作業を進めていかないといけません。
それに際して、今利用してるインターネットのサービスを今月限りで終了します。
で、次のサービスの利用は少し時間かかるかもしれません。

一応、ケータイとかでできる限り更新をしていきたいですが、
来月は半ばまで更新が遅くなるかもしれません。

まあ、実家に住むことになりますので、
今実家にあるパソコンが自由に使えればいいんですけど・・・
でもやっぱりはやく自分の部屋にパソコン設置してネットできるようにしたいです。



今のうちにSSをアップしておきたいと思っていて、
現在作成中です☆
けいおん!の百合SSです~。
最近マイブームなカプがありまして、日々それで妄想しておりますのでw
明日か、遅くとも明後日までにはアップしようと思ってます!



本日、カウンターが9000超えておりました☆
こんなに見ていただけて嬉しい限りですvV
少しでも早い10000hitを目指してがんばります!
そのためにも、引っ越したら早いところネット環境を復旧しなければ!!



中学生のころは「クレヨンしんちゃん」のアニメをよく見ていたものです。
他の家族はあまりアニメに関心はなかったけど、
しんちゃんだけは家族で見てました。
で、アニメを見た翌日、
友達と内容について話し合って笑いあったのを思い出しました。

原作コミックも持ってたし、
多くの人と楽しさを共有できたマンガ、アニメだと思います。


今引っ越しの準備をしているのですが、
お片付けしているなかで、去年買ったまんがタウンが出てきました。
別の好きだったマンガの最終回が目当てだったんですけど、
それでもお目当てのマンガを読み終わった次に読んでたのはしんちゃんでした。

久々に読んでみると、やっぱり面白いです。
悲しい気持ちも出てきたけど、やっぱり面白いです。
そして、あたたかくて懐かしい気持ちになってきます。


思えば、私が子供から大人になっていく時間は、
しんちゃんも同じ時間を送っていたんですよね。
しんちゃんはずっと子供のままだったけど。
だから、自分が、世の中がめまぐるしく変わっていくなかで、
しんちゃんたちは変わらないままでいてくれることに、
何か安堵感のようなものを感じたことがあった気がします。


こうしてみると、今の自分があるのって、
しんちゃんがいてくれたからなのかなって思います。
しんちゃんだけでなく、野原家の人々が。
野原家の人々だけでなく、その周りを取り巻く人たちが。
アクション幼稚園の友達、先生、組長・・・じゃなくて園長とか、
埼玉紅さそり隊とか、立ち読み阻止に執念を燃やす本屋さんとか、
よく女装男に間違えられる訪問販売の人とか、
またずれ荘の人々とか、徳郎先生とか。
他にもぶりぶりざえもんとか、ケツだけ星人とか。


こんな素敵なキャラクター達を生み出して、
面白くてあたたかいお話をたくさん世の中に出していってくださった臼井先生、
本当にありがとうございました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


臼井先生がこの世を去られたとしても、
しんちゃんたちはこれからもずっとずっと生き続けていくことだと思います。
もちろん、徳郎先生も。


だから、こうも言います。
これからもよろしくお願いします、と。




転勤することになりましたので。

今、大分県に住んでいるのですが、
10月からは福岡県に住むことになります!
どこに住むかはまだ決めてないけど、
やっぱり次の職場のある福岡市かな?
春日や大野城や那珂川もアリだけど。

とりあえず、職場やとらのあなやメロンブックスに行くのに不便でなければw

そんなワケで、今月後半は仕事の後任者への引継ぎや引っ越し作業等で、
相当いそがしくなる予定です><
5連休も遊んでるヒマはないです(涙)
というか、5連休のせいで、引継ぎに要する時間がメッチャ限られてるワケなんですが・・・
今回ばかりは5連休がニクイ!

引っ越し時期はもちろんのこと、
引っ越しが終わってもすぐにネット回線が引けるかどうかはわからないので、
当分は更新がスローペースになるかもです。
ネットが引けない間でも、ケータイで更新できればやっていきます☆

・・・元からスローペースじゃんとかツッコまれると、
言葉を返せないにゃー(汗)

大変にはなりそうですが、
今回の転勤はけっこういい話ではありますので、
めげずにがんばりますです!



とりあえず、全ての作業が終わって落ち着けば、
また更新ペースを上げていきたいと思いますので、
それまで見捨てないでくださるよう、
よろしくおねがいしまちゅ~☆


2009年09月12日
Thanks for my parents

「お誕生日ってね、
 お父さんやお母さんに自分を産んで育ててくれたことを感謝する日なんだよ」

赤くて長い髪を大きなリボンで結んだ小さな少女はそう言った。



9月12日。
昨年までライラはこの日もいつもと変わらない日常を送っていた。
幼い頃は、年に1度しか来ない、特別な日であったのに。

両親と弟が失踪し、ただ1人取り残された自分にとって、
その日が特別であるという感覚は、いつしか消え失せてしまっていた。

幼い頃は、両親が失踪したとわかっていても、
この日だけは帰ってきてくれると期待していた。
1年目は強く、2年目はもしかしたらと、
しかし、3年目からは今年もかと思うようになり、
4年目にはもう、期待をすることすら忘れてしまっていた。

そんな時間の流れの中で、
ライラの心は次第にまるで凍てつくかのようになっていった。
賢者にならなければならない。
賢者になって、両親と魔人との戦いの真相を解明しなければならない。
ただそのことだけを考えて、マジックアカデミーに入学した。



そんなライラに待ち受けていたのが、1人の少女との運命の出会い。
幼さを残すその少女の名はアロエ。

ライラはアロエと付き合っているうちに、
その凍てついてた心を少しずつ融かしていったのだった。
いつしかライラにとっては、アロエとともにいる時間がとても楽しいものと思えるようになり、
少しずつ自分の境遇についても伝えるようになっていった。
最初はあまり人に話すようなことではないし、
あまり話したくもなかった内容ではあったが、
いつしかアロエには何でも話せるようになっていたし、
また、アロエもライラの話を親身になって聞いてくれていたから、
そうすることで、自分の気持ちも楽になっていく気がしていた。



そして今年もまたやって来たこの日。
ライラはこの日のことをアロエに伝えていた。
別に祝ってほしいとかそういう気持ちではなかったが、
この日のことをアロエだけにはなぜか教えたい気がしたのだった。
そうしてアロエの口から出てきたのが、その言葉だった。



「両親に、感謝?」
ライラはアロエの言葉をすぐに理解できず、
少し戸惑っていた。
「そうだよ。
 だって、お父さんとお母さんが自分のことを産んで育ててくれたから、
 楽しいことをいっぱいいっぱいできるんだもん。
 アカデミーのみんなと出会うことだってできたし」
アロエは本当に心の底から嬉しそうに話していた。

「そして、何よりも・・・」
ほんの少し、しかし実際よりも長く感じられた時間。
その短くも長い間を置いたのち、アロエは言葉を続けた。


「ライラちゃんに出会うことができたのが、すごく嬉しい」


アロエはまるで天使のような愛らしい笑顔をライラに向けていた。



「アロエ・・・さん」
そんな笑顔の前に、
ライラは自分の中で、また何かが融けていくかのような感覚をおぼえていた。

「ライラちゃんは、お父さんとお母さん、好き?」



ライラは自分の両親を面影を思い浮かべた。
現在失踪中の両親。
身を呈して魔人を封じたにもかかわらず、
世間からは魔人との内通を疑われている両親。

そして考えた。
自分は、何のためにアカデミーに入ったのか。
それは、魔人封印の真相を知りたかったから。

けど、ただ知りたかったからだけではない。
自分は証明したかったのだ。
両親は潔白であるということを。
どうしてか・・・
そんなことは決まっている。

ならば、その問いかけに対する答えは・・・



「ああ、大好きだぞ」
そう答えるライラの顔は、
聖母のようにやさしくて美しいものであった。



「やっぱりそうなんだー。
 ライラちゃんって普段はとても落ち着いてるのに、
 お父さんとお母さんのことになると、
 一生懸命になっちゃうもんね」
「そ、そうか」
どうやらアロエには見透かされていたようだったが、
ライラは特に悪い気はしていなかった。
「アロエはね、そんなライラちゃんが大好きだよ」
そう言うとアロエは、ライラに抱きつき、
彼女の頬にキスをした。
「ア、アロエさん!?」
「えへへ、私からライラちゃんへのお誕生日プレゼントだよー」
ライラは少し恥ずかしく感じたが、
アロエの無邪気な笑顔を見ていると、次第にそれが嬉しさへと変わっていくのだった。



「お誕生日おめでとう、ライラちゃん」
「・・・ありがとう」



  本当にありがとう、アロエさん
  今思えばきっと、私がアカデミーに入ったのは、
  アロエさんのような人に出会うためなんだったと思う

  私はきっと、心が凍りつくのをそのまま受け入れておきながら、
  一方で誰かに融かしてほしかったのだ
  誰かに温めてほしかったのだ

  だから、これからも・・・
  私のそばに、ずっといてほしい・・・
  ずっと、私の心を温めてほしい



「お父さんとお母さん、早く見つかるといいね」
「ああ、必ず見つけてみせる」
そして、このアカデミーのみんなのことを教えたい。
アカデミーには、こんなにも素敵な学友達がいるのだということを。
そして・・・自分のことをとても理解してくれて、応援してくれる、
いつもそばで心を温めてくれる、純粋で愛らしい、小さな天使がそばにいることを。



(END)



↓あとがきです


続きを読む

2009年09月09日
お誕生日SS作成中!



12日にアップします☆
さて、誰のお誕生日でしょうか??
ヒントは、中の人が中原麻衣ちゃんのあの子ですvv



「私が男だったら惚れていた」

女でもホレていいんだよw




タイトルはおもいっきりテレビっぽく(古)



かなり間をあけてしまってゴメンナサイ!

日常生活で面倒なことがあった上、
病魔にも冒されて(新型インフルエンザでもなく雛見沢症候群でもなく、ただの熱です)、
先週はテンション下がりまくリングでした><



ところでみなさん、今日が何の日かご存知ですか?
そう、「妹の日」です!!
姉妹百合スキーにはたまらない日ですにゃ~vv
憂ちゃんとか智花ちゃんとか桃香ちゃんとか雫ちゃんとか、
お姉ちゃん大好きな妹ちゃんは見ててとても癒されます☆
唯憂姉妹みたいにちょー仲良しなのもいいし、
沙英智花姉妹やゆまもも姉妹みたいに適度にケンカするのもいいし、
ユキカナ雫姉妹みたいに妹が姉をシリにしくカンジなのもドンと来いですw

みんなにはいつまでも仲良しでいてほしいと思います☆


FC2カウンター

プロフィール

チカ

Author:チカ
女の子と女の子が女の子どうしで女の子し合う話が大好きですvv
同級生百合や姉妹百合が私の嗜好。
けど、上級生×下級生もやっぱ好きvv

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。