tangerine

百合とかGLとかガールズラブとか、いっぱいいっぱい書きたいですvv

 
--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来月もよろしくお願いします~m(_ _)m

スミマセン、
今日は月末の挨拶だけということで
お酒入ってるからネムくてたまらんとです

今夜も百合百合な夢が見られますように




スポンサーサイト

「ちっ、まだ降ってやがる」
由真は学校の教室の窓から外を見ながら、
悔しそうにそう言った。

ただ今の時刻午後4時前、天候は雨。
空は分厚くどす黒い雨雲に覆われていて、
それは大粒の激しい雨を降らせていた。
つい2時間ほど前まで空は青く澄みわたっていたというのに。

周りを見ると、もうみんな帰ろうとしているか、
部活の準備をしていた。
由真も帰ろうとはしているのであるが、
帰れない状況である。
それは、雨をしのぐための傘が無いから。
置き傘なんてものも、してはいなかった。

友人の絵里子に傘に入れてもらうよう、
お願いしようと思ってはいたが、
絵里子はすでに自分と同じく傘を持ってなかった香田と一緒に帰ることにしていたようだった。
さすがに1つの傘の中に3人は入らないだろうし、
最近恋人として付き合い始めたあの2人の間に割り入るのは気が引け、
結局声はかけなかった。
綾乃は下高谷とデートの約束があるらしく、
終礼が終わるや、鼻歌を歌いながら脱兎の勢いで教室を飛び出していった。
このクソ雨の中、いったいどこに行くのやら。

誰かから借りる、それもできないことはないだろうが、
この悪天候では、誰もが傘が必要なはず。
複数傘を持っている人からは借りられるかもしれないが、
そんな生徒は少数派だろう。
その少数派の人を求めて聞いて回るのは、正直恥ずかしい。
結局誰からも傘を借りなかったのだった。



「桃香の言うこと、聞いときゃよかったな」
またも悔しそうにつぶやいた。
そして、思い出していた。
今朝、妹から忠告されていたことを。


 『今日は雨が降るっていうから、傘ちゃんと持って出てよね。
  ゼッタイなんだから』
 『へーへー、わーったわーった』
 『ゼッタイだからね。雨が降って傘がない、なんてことになっても知らないんだから』
 『わかりましたって。しつけーなー』


しかし、結局傘を持っては出なかった。
だって、今朝は雲ひとつ無き好天で、
それがまさか今のような事態になるなど、考えもしていなかったから。



桃香なら今日の悪天候に備えて最低1本は傘を持っていることだろう。
そうすれば傘に入れてもらうこともできるだろうし、
置き傘があれば借りることもできる。
そう考えもしたが、
今朝桃香の忠告を無にしてしまったことを考えると、非常に頼みづらい。

結局由真は、雨足が弱まるまで教室で待機することにしたのであった。
うん、それがいい。
止まない雨なんて無いのだから。



ただ今の時刻午後5時過ぎ、天候は雨。
由真はまだ教室にいた。
雨足が弱まる気配は全く無い。
その上、空は次第に暗くなり始めていた。
もともと空は雨雲に覆われていて重々しい雰囲気だったのだが、
夜になりつつあるということで、
ますます暗みが増してきているのであった。
「こんなことなら、恥を忍んででも傘借りときゃよかったな」
由真は変なプライドにとらわれて、
傘について聞いて回らなかったことを後悔していた。

そして、最も気軽に使える手段を活用しなかったことについても後悔していた。
「桃香のヤツ、もう帰ってるんだろうな」
そう思いつつも由真は、わずかな期待を抱き、
今更ながらに桃香の教室、1年桃組に足を運んでみることにした。

しかし、予想通りというか、
案の定、そこに桃香の姿をうかがうことはできなかった。
保健委員だから保健室にいるのではと考えもしたが、
そこにも桃香はいなかった。
どうやら桃香はすでに帰っているようだった。



結局自分の教室に戻ることにした由真だったが、
その途中、廊下の窓から校門のほうを眺めた。
先ほどから車が校門に入っては、
生徒を車に入れて出て行くところを目にする。
おそらく、豪雨のため帰ることができない娘を家族が迎えに来ているのだろう。

この手段は、由真には使えるはずがなかった。
車で迎えに来れるような家族はいないから。
両親は仕事で長いこと海外で暮らしているため、頼ることはできない。
歳の離れた姉もすでに結婚していて、離れたところで暮らしている。
頼れる肉親といえば、桃香だけ。
しかし、その桃香ももうすでに学校を出てしまっている。
結局由真にできることは、雨足が弱まるのを待つだけ。



ただ今の時刻午後6時ちょうど、天候は雨。
雨足は相変わらず。
教室には由真1人。
クラスメートたちは部活動参加組も含めて、
もうほとんどが帰路についていた
教室の電灯は点けていたが、
外はかなり暗くなっているため、電灯の光がいつもよりまぶしく感じる。
由真1人のために照らす光としては、
あまりに強すぎるような気がしていた。
そしてそれが由真の孤独感を強めているような気がしていた。
じゃあ電灯を消せばいいのか?
消したら消したで、重々しい気持ちが強くなるような気がしたため、
結局点けたままでいることにした。

ここは教室。
昼間は友人たちと楽しく語り合った教室。
授業中は億劫でも、
それ以外では和気藹々としていてとっても楽しい空間。
そのはずなのに、今は・・・。



ぶるっ。

ふと肌寒さを感じた由真。
それが、豪雨による気温の低下が招いたものだったのか、
現在の由真の心境から来たものなのかはわからなかった。
ただ、その悪寒を感じた瞬間、
由真は一刻も早くここを出たいと思うようになっていた。
外はまだ雨が容赦なく降っている。
そしてその雨をしのぐ手段はない。
でも、かまわない。
ずぶ濡れになったって、かまわない。
帰れば風呂に入って温まることだってできるのだから。
それに、桃香だっているから。
桃香の作った温かい夕食だって食べられるのだから。

「決めた!早く帰ろう!」
自分の心にエンジンをかけるようにそう言うと、
由真は素早く立ち上がり、教室を後にした。
そして、駆け足で昇降口へと向かった。

廊下を駆けていても、もう誰ともすれ違わない。
まるで自分1人だけがこの世界に取り残されたようで、
何とも嫌な気分だった。
一刻も早くこの場を脱したかった。
そして、早く桃香の顔が見たかった。
桃香の顔を見れば、きっとこの心のモヤモヤは氷解する、
そう思ったから。



「!!」
由真は突如人影が現れたのに気付き、足を止めた。
「あれは・・・」
遠く離れていても、由真はすぐに気付いた。
体型、髪型、そして何よりも雰囲気。
見間違うはずがない。
その人影は、由真が一番知っている人のものだ。

そして、その人影も由真の存在に気付き、呼びかけてきた。

「お姉ちゃん?」



(END)



↓後記&拍手へのレスです☆


続きを読む

リンク先追加に伴い、
リンク集をバナー付きにパワーアップさせました
どちらも楽しくてステキで萌え萌えなサイトさんばかりなので、
ご覧になられることをオススメしますよ~

ゆまももSSは、例によって、明日には



では、拍手レスしまーす


>ねむひ様☆

こちらこそ、私のような珍客に構ってくださって、
ありがとうございました~
ユリちゃんとクララちゃんが、
ねむひ様の中でどのようなことになっちゃったのか、
楽しみであります

おぉ!私のところにリンクを貼ってくださるとは
とっても嬉しいです
大歓喜です
お礼に、私の方からも、
リンクを貼らせていただきました
リンク集には紹介文を載せておりますが、
表現等でお気に召さないところがありましたら、
遠慮なくおっしゃってくださいね☆
表現を変えますので。

ではでは、これからもよろしくお願いしますね~


2008年09月25日
次回はゆまももvv

ゆまもも姉妹、大好きなのに、
SSは七夕に1作だけ書いたっきりでした
由真×桃香のお話を楽しみにされてた方、すみませんです~
けど、今度の土日にアップしたいと思います
土日と言うと、たいてい日曜になるんですけど(汗)
いや、なるだけ早めにアップしようと心がけてますよ

明日は久々のCandy boyの配信日
かなちゃんとゆきちゃんの姉妹も大好きです
一応、変態かがみんもw
およ?新キャラの予感
かなちゃんが苦手なコかな
楽しみです

おぉっと!
Radio QMA!!のラジオドラマ2話目の配信日でもあるんですね~
明日は楽しみがいっぱいです

明日は残業なければいいけど



↓ コメントいただきましたので、レスします~♪


続きを読む

2008年09月23日
呼び方が変わる瞬間

「~さん」とか読んでたのが、
親しくなってから「~ちゃん」になったり、呼び捨てになったりする瞬間。

コレもまた萌えシチュだと思うワケですよ

わかりやすい例を言うと、
らき☆すたでゆたかちゃんとみなみちゃんが呼び方を変えるシーンがありましたよね
あんなカンジです
(余談ですが、今日らき☆すた6巻買いました)



なんでこんなこと言い出したかといいますと、
マジアカのシャロンちゃん、
私の今までのSSだとルキアちゃんのことを「ルキアさん」って呼んでるのに、
ウェブラジオだと「ルキア」って呼び捨てなんですよね~
OVAでは確かルキアちゃんを呼ぶシーンは無かった気がするけど(あったっけ?)、
セリオスのことを呼び捨てにしてたから、
たぶんルキアちゃんも呼び捨てにしてる気がします

だから、私のSSでもいつかルキアちゃんのことを呼び捨てにできるような話を作りたいな~、
とか思ってるわけなんです
それとも、ラジオやOVAのルキシャロは、
とっくに友情を超えた親密な関係にあるということなのだろうか(んなワケないw)

あと、こーえりでも、
いつかは絵里子ちゃんに香田のことを「あかり」って言ってほしいな、とか思ったり
原作第1話では「あたしのことはあかりでいいから★」なんて言ってたしネ


※みんな知ってるであろうトリビア

「女子高生」の咲女の生徒たちは、
外部生は下の名前で、
内部生は名字で呼ばれることがほとんどです。


絵里子ちゃ~~~ん

お誕生日、おめでとう~~~~



はい、そんなワケで、
今日は「女子高生」の主人公でみんなの人気者、
高橋絵里子ちゃんのお誕生日なのです
ちょーおめでたい日なのです

大好きな子のお誕生日って、
なんだか自分まで嬉しくなっちゃいますよね~
私ももう日が変わった時間からハイテンションになっちゃってます
「女子高生」読んでても、
いつもより多く絵里子ちゃんに視線が向いちゃってしまいます
私も「女子高生」キャラだったら、
絵里子ちゃんのために一生懸命プレゼントを選んでただろうな~
で、その結果贈るのがこーえりSS(爆)
どうみてもオタクグループ行きです、
本当にありがとうごz(以下略)

その代わりといってはなんですが、
大島先生のサイトより、
絵里子ちゃんのお誕生日お祝いメールをお送りさせていただきました
(由真ちゃんのときは拍手で送りましたけど/笑)

みんなからはどんなプレゼントをもらうのかな~
どんなキテレツなものでも、愛は存分にこもっていると思いますよ

本当に絵里子ちゃん、おめでとう~
これからもみんなとステキな女子高ライフ、満喫してね



ところで、由真ちゃんお誕生日記念の「はいあーん。」の絵、
今も私のパソのデスクトップに飾ってます
パソの電源入れるたびに由真ちゃんが「あーん」してくれるんです



大島永遠の制服日和



月に2度の楽しみのコーナー
11作目が出てました~

女子更衣室
(一発変換で「女子高異質」と出た
女の子たちが心も体もありのままの姿をさらけ出す、
秘密の花園です

開放的になった女の子たちが、
いろんなことを話し合ったり、さわりっこしたりして、
友情、愛情を育んでいくところですよ~
生理用品がむき出しだったり、
処理済みのヤバ毛が残ってたりなんてするはずがないんです
ないったらないんです
ないと言ってくれ~



お着替え中の3人の女の子たちもカワイイです
くぅ~、ピチピチツヤツヤなお肌を惜しげもなくさらけ出しちゃって、
全くけしからんです(ぉぃ)
もっとやれ(ぉぉぃ)

・・・アレ
この子たち、あのグループの子たちに似てないかしら
っていうか、あの子たちご本人
色黒じゃないけど。
語尾が「よん」じゃなくて「ねん」だけどw

部活青春グループの子たち、大好きです



さあ、明日はいよいよ待ちに待ったあの日



2008年09月18日
あいあいがさ~

こーえり最新作とルキシャロの2作目に拍手してくださった皆様、
ありがとうございました~
やる気が出ます

どうやら私の住んでるところは台風が直撃することは無いようで、
安心しました
けど、雨がスゴイです

雨といえば相合い傘
百合ップル同士の相合い傘は萌えますね
これで百合SS作れるかも
前向きに検討します~


2008年09月15日
あなたの温もり



  そばにいてくれる
  それだけでも嬉しいのに・・・

  触れ合うことができれば、
  どんな不安も解けて無くなり、
  そして、温かい気持ちになれる

  私はきっと、アイツのこと・・・



「落ち着いた?」
「・・・うん」
「そっか、よかった」
絵里子の返事に安堵の表情を見せる香田。
しかし、ベッドに横たわる絵里子の返事はまだ力無いものであった。



あれから香田は、
もうしばらく絵里子の部屋に滞在することにした。
異常なまでに取り乱した絵里子のことを、
放っておくことができなかったから。
あまりのことに状況を飲み込めず、
動揺を隠せない香田であったが、
とりあえず絵里子を落ち着けようと、
彼女をベッドに戻したのだった。



「ごめんね、香田・・・」
「全くだよ、もう、びっくりしたんだから」
「・・・」
絵里子は香田に申し訳なくて、
何も言うことができなかった。


  あの時自分は何を思ってたのだろう?

  何を感じていたのだろう?


正直、絵里子もなぜ自分があんなに取り乱したのか、
理解できずにいた。
ただわかったことといえば、
香田がその場から消えてしまうことに、
大きな不安を感じていたことだけ。

普通、気持ちが落ち着くにしたがって、
そのような時の心境を冷静に思い出してくるものであるが、
今回に限っては、どうしても思い出せない。


  どうして自分はあんなに不安だったのだろう

  いったい何を恐れていたのだろう

  不安だったのは覚えてる

  でも、何故不安だったのかが、思い出せない


絵里子はふと横を見た。
そこには香田が座っている。

今日、ずっと会いたかった香田。
その香田が、目の前に座っている。
手の触れられるほどの距離に。


  手の触れられるほど・・・


絵里子は上半身を起こした。
「ちょっと、絵里子、大丈夫なの?」
突然動き出した絵里子に驚き、気づかう香田。
「うん、大丈夫だよ」
そう返事すると絵里子は、
少しうつむき加減になり、香田に尋ねた。

「ねぇ、香田」
「何?」
「香田の手、握ってもいい?」
「え・・・?」
香田は絵里子の意外な願いに、
一瞬何を聞かれたのか理解できなかった。
「お願い…」
絵里子は懇願した。
香田は絵里子の真意を理解できず
少し戸惑っていたが、
「いい、けど…」
そう言って、ゆっくり右手を差し出すと、
絵里子は両手で香田の手を握った。
握るというよりも、そっと添えるといった感じで優しく。



「不思議・・・」
「え?」
「何だか、こうしているだけで、
 私の心の不安とか心配とかが、
 全部消えて無くなっちゃう気がする」
「な、何を言って・・・」
「香田の手、温かい・・・」
「ど、どどど、どうしたのよ!?」
恥ずかしそうに顔を赤くする香田。
一方、絵里子のほうは、
先ほどまでのやつれた感じの表情が、
次第に穏やかになってきていた。
「ね、ねぇ、もういいでしょ?」
「だーめ」
あまりの照れくささに早く手を引きたくなる香田だったが、
絵里子はそれを許さなかった。
そんな絵里子の顔は、
すごく安らいでいて、安心感に満ち溢れていた。
「うぅ・・・」
恥ずかしさのあまり何とか手を離そうとする香田だったが、
絵里子の屈託のない表情を前に、
なすすべがなかった。
「今日の絵里子、なんか変だよ?」
「えへへ、変でもいいもーん」
ようやく笑みを浮かべることができるようになった絵里子は、
しばらく香田の手に触れ続けているのであった。



「ごめんね、香田、こんな時間まで。
 もう、大丈夫だから」
「そ、そう?」
「うんっ!
 明日学校で会おうね」
「・・・わかったわ。
 明日は学校で会おうね。
 今日あたしが働いた分、
 きっちりやってもらうんだから」
「あ、それは・・・」
「アハハ、そんじゃ、おじゃましました~」
「もう・・・
 バイバイ、また明日ねー」
香田の言葉にあきれながらも、
最後は笑顔で香田を見送る絵里子だった。



香田を見送った後、
絵里子は自分の両手を見て、
不思議な気分になっていた。


  香田に触れるだけで、こんなに気持ちが安らぐなんて・・・

  どんな不安も一気に消えちゃうなんて

  こんなこと、今までなかったのに・・・

  何だか・・・心が温かい・・・


絵里子は両手を自分の胸にあてた。
まだ手に残る香田の手の感触を体で味わうように。
ドクン、ドクン。
胸の奥にある心臓を通して、
香田の手の温もりが全身に伝わるかのようだった。

「香田・・・」
やさしい、心地いい、温かい・・・
そんな香田の感触は、瞬く間に絵里子の全身に広がった。

「まるで、香田に抱かれてるみたい・・・」

そして、絵里子は思い出していた。


  はじめて香田と会ったときの事、

  最初はいがみ合っていたこと、

  そして仲良くなったこと、

  いっしょに自治委員になったこと、

  芙蓉祭をやり遂げたこと、

  そして、修学旅行のこと・・・


いつだって側には香田がいた。
そして、そのときがすごく楽しくて、
気持ちが和んで、
一緒に何かをやり遂げたとき、すごく嬉しくて・・・。

だから、これからもずっとずっと、香田といっしょにいたくて・・・。


  そっか・・・


今まで様々な思いを交錯させていた絵里子。
悩み、苦しみ、そして癒され、
絵里子は自らの気持ちを悟るのだった。


  私、きっと・・・


  香田のことが、好きなんだ・・・


  香田に、恋してるんだ・・・



(END)



 ↓ 後記らしいです(ぇ)



続きを読む

てなワケで、今日はマジアカDS版をやってみました
っと、その前にWi-Fi関係のツールを購入。
4000円くらい・・・お安くないね・・・

で、さっそくパソにインストールしてマジアカのほうも通信設定しようとしたんだけど・・・
何故か接続できませんでした・・・
トラブルシューティング見たり、
いろんなサイトを見たりしたんだけど、
もうワケわかりません
いい加減イヤになって、
パソの電源切ってフテ寝しちゃいました

で、ン時間後、再度試みると・・・
アレ?接続できちゃった
何故に
パソを再起動したのがよかったのかな
まあ、何にせよ通信できるようになったのでよかったです

ちなみに私が買ったのはGAMETECHのUSBアダプタ、
あとあとamazonで見たら、評判はあまりよくなかったですね~



まあ、けっこう大変だったのですが、
無事にオンラインでできるようになりました
まずはキャラクターの登録です

アカデミーモードでの使用キャラはユリちゃん
名前は「Tikaチカ」で、
学校名は「アストラエアの園」にしました(笑)
友達コードは「1204-1852-7967」ですよ~

クイックマッチモードでの使用キャラはシャロンちゃん
名前は女子高生スキー&中の人繋がりということで「すずきゆま」で、
学校名は「やまさきじょし学園」でっす
友達コードは「4038-8639-0319」ですのだ~

どうぞお気軽に登録してやってくださいネ
ブログ右側のプロフにも書いておきますね



アカデミーモードメインにやっております
ライラちゃんが思ったより早く出てきてくれて嬉しい
って、ライラちゃん、男口調なんだね~
でも、それもまたよし
ユリちゃんと気が合ってるカンジでとってもいいです
もう、めいっぱいライラちゃんにアタックしてますよ~
ライラちゃんを攻略するために
(そういうゲームか?だといいな~)

家でもゲーセン感覚でマジアカが楽しめるのはいいです
お金も気にしなくていいし、
問題も更新されるようだし、
長く楽しめそうですね~
でも、タイピング系の問題がやりにくい

対戦で私に会った方は、
よろしくおねがいします~



そういやさっき通信が切れて、
電源入れなおしたら、
アメリア先生からお説教くらって、
ロマノフ先生からお仕置きされました・・・><
いや、意図的に切ったんじゃないんですってば~



7月10日の書き込みに拍手下さった方、
ありがとうございます~
花やか梅ちゃん面白かったですよね~
最後は梅ちゃんが幸せになれて本当によかったです

ちなみに最近、師走冬子先生のマンガで好きなのが「うさぎのーと」
うさぎ先生カワイイです~
犬飼(弟)先生もなんだかんだでいい先生です~
くまりちゃんの目が好きです~
ミオナ女王、こんな人が上司だと嬉しい
つむりちゃんは・・・こんなカワイイ子が女の子なわk(以下略


2008年09月13日
マジアカアニメ~

昨日(というか今日)は、
朝2時帰宅でした…
会社の資料作りで昨日締め切りだったんですけど、
今週残業しまくった上でやっと完成させた~!
とか思ってたら、急遽大規模な修正が必要になりまして、
作り直して、終わったのが夜中の1時になってしまいました…
大変だったけど、完成してよかった~

そんなこんなで、今週は毎日帰宅が遅くなって寝不足気味だったので、
今日は休みだし、思いっきり寝るぞー
と思ってガン寝しましたとです
結局起きたのは正午前
しっかり寝不足を補いました~

で、玄関に行ってみると佐川急便の不在票が…

しまった
今日はマジアカグッズが届く日だった~~~~
楽しみにしてたのに、
疲れきってその楽しみにしてたことすら忘れてしまってたとは~
うにゅ~、チカさん一生の不覚…
ドアホンにも気付かないほど寝入ってしまってたとはね

で、夕方に届け直してもらい、
無事手元に届きました
DSのゲーム、OVA、ファンブック…
見ててウキウキするものばっかです
昨日までの疲れも吹っ飛びます

で、さっそくOVA版見ました
ルキアちゃんとシャロンちゃんの掛け合いが面白かったですし、
ルキシャロ信者な私はかなり萌えました
シャロンちゃんといえばネコ耳もカワイかった~
│∀・)<ミタヨー なマラリヤ様もツボです
「仲良くしないと」とシンクロするクララちゃんとアロエちゃんもいいです
妖精アロエちゃんがカワイすぎる
マロン先生の親衛隊なガルーダ先生、ロマノフ先生w
いや、気持ちはわかるよ~。
マロン先生カワイイもんね
ミランダ先生と触手は狙いすぎでしょ
アメリア先生、苦労人すぎて泣けてきます
しかもアメリアクラス、最後の最後で大惨事起こしてるし…
アメリア先生の顔のシワがまた増えそうです
ユリちゃんたちはエンディングでちょろっと出てくるだけでした…

いや~、面白かったです
続編があればまた見たいですね~

DS版は、
明日Wi-Fi買ってやってみます
ライラちゃんとクロニカは姉弟だったんですね~
似てるなーとは思ってたけど。



3連休の予定は、
明日がDS版の感想、
明後日がこーえりSS続編upといったカンジでいこうと思います



今日、8月22日のカキコに拍手を下さった方、
ありがとうございました~


こーえりSS、今度の3連休までお待ちくださいますでしょうか??
ごめんなさい~><
今週、仕事が忙しくて帰宅が深夜になりがちで、
SS書いてる時間が無いもので~
ゼッタイこーえり続編は書き上げますので
今回は拍手レスだけでご容赦くださいませ~。



>ねむひ様

またのご来訪、ありがとうございます

ふぐり屋さんの百合モノはいいですよね~
すっごく甘々でラブラブで
そしてエロくて(笑

ホント、どこかですれ違ったかもですね~
一人百合モノをながめてハァハァしてる変な女を目撃されたとしたら、
それはかなりの確率で私です(爆

こんな私ですが、これからもよろしくおねがいしますね~

近いうちに、ねむひ様のところにもお伺いさせていただきますので、
そのときはどうぞよろしくお願いします~



2008年09月07日
博多の地で百合分補給


福岡の天神には時々行ってます
お買い物したり、おいしいもの食べに行ったり
服とかも買ったりラーメン食べたりもするんだけど、
やっぱ天神に来て一番の楽しみは同人誌ショップ巡りw

いい本見つけました~
ふぐり屋さんが出してるオリジナル百合ゲー「その花びらにくちづけを」の、
楓ちゃん×紗良ちゃんの百合小説「カーテンコールは終わらない」
読みたいなー、と思いつつ何のアクションも取ってなかった私ですが、
偶然見つけちゃいまして、速攻で買っちゃいました
いいもの買ったにゃ~
相も変わらず甘々ラブラブなお2人でした
演劇部の部長さんもいい人です


ゲーセンにも行って、
天神のマジアカ事情をリサーチしてきました
天神のゲーセンのマジアカはお客さん多くて、
順番待ちしなくちゃいけません
ウチの地元じゃプレイヤー少ないから連コインしても問題ないのに…


それにしても、楓ちゃんといいクララちゃんといい、
きっと私はメガネと三つ編みの女の子が好きなんだな~、きっと
ちなみに佐藤綾乃は除く(ぉぃ)


あ、現在こーえりSSの続きを書いてます
もう少しお待ちください
相変わらず期限守れなくてすみません
これじゃー学生時代の夏休みの宿題と一緒じゃないのさー

私が教員だったら、

  夏休みの宿題 : 百合小説を一編書いてくること(原稿用紙50枚程度)

こんな課題出してたかもw



あ、博多通りもん(←銘菓)買ってくるの忘れた




普段はあんまりゲーム誌買わないんだけどね
だって、表紙が
表紙がぁぁぁぁぁぁ(おちつけ)

ルキアちゃんとシャロンちゃんとアロエちゃんの浴衣姿ですよ
超レアですよ
一生ものの宝です

シャロンちゃん、浴衣がよく似合います
ホントによく似合います
すっごく似合います

あ、別に浴衣を着るには胸が控えめなほうがいいからねー、
なーんてことを言うつもりはあんまりないですよ
おや?こんな時間に誰か来たようだ…



さて、内容も見てみますと、
楽しみなところがいっぱいです
アカデミーモードはイベント絵が用意されてるようで
アロエ、ラスク、ユウの3ショットがカワイすぎりゅ~

新キャラさん、謎が多くてまだどんなキャラなのかわかりにくいですね~
まあ、それだけに楽しみでもあるんだけど
2人とも、雰囲気似てるよね~。

テレカ、ほしいな~
でももうコナミスタイルで予約しちゃったから…
アロエちゃんとシャロンちゃんの2ショットが多め
アロシャロもいいにゃ~
機会があったら書こう

おぉ、OVA版の紹介もあるではありませんか
はじめて見るシーンが多くて、
楽しみ度up
シャロンちゃん、顔すげぇw
同じポージングのクララちゃんとアロエちゃん萌え
マロン先生もカワイイです
とても御歳ガガガガピー歳とは思えない
(途中、原因不明のノイズが入りました)

ユリコスの子、カワイイにゃ~
ユリちゃんが実際にいたら、
こんなカンジになりそう
喜屋武を「きゃん」とあっさり読めたのは、
もちろんあのマンガの影響です(笑)



何はともあれ、DS版発売まであと1週間
楽しみで仕方ありません~

気がつけば夏バテはすっかり治っておりました
今日の私はハイテンションガール

…ガールってトシじゃねーだろ、ザザザァー歳が!
(途中、やっぱりノイズが入りました)



ではでは、コメントへのレスですぅ~。

>ねむひ様

おはこんにちばんは~
再度のご来訪、ありがとうございます

ユリちゃんとクララちゃんの話、
2話目もお楽しみいただけたようで嬉しいです
2人はこれからお互いに理解を深めていって、
誰も割り入ることの出来ない、
強い強い絆で結ばれていってくれればいいな~って思います

おぉ!ねむひ様もQMA作家さんですか!!
それはそれは、今度是非ともお伺いさせていただきます
そのときは私に構ってやってくださると嬉しいです~

それでは、またよろしくです~


2008年09月03日
夏バテ気味です…



ダルイです~
何もやる気起きないです~

…って、それじゃいつもと変わらないじゃないのさ~



そういや9月になったんですよね~
9月は楽しみがたくさんです
12日はマジアカDSの発売日だし~
(宅配は13日を希望したんだけどね
 だって平日は急に残業とか入るかもしれないしー)
20日は絵里子ちゃんのお誕生日
今からお祝い考えないとね

まあ、それは当分先なので、
今は次の土日にアップ予定の女子高生SSに勤しむとします
夏バテしたときは、萌えでエネルギーを補填するに限ります



では、拍手レス~

>9月3日2時 ねむひ様

beautiful legsへのご感想、ありがとうございます
面白かったといってもらえて嬉しいです

クララちゃんは普段はとっても内気で穏やかだけど、
何か間違ったことをしてる人にはハッキリと厳しく注意を出来る子です
今後、何かと暴走しがちなユリちゃんを止められる、
大事な存在になるかと思います

でも、クララちゃんは厳しくしてるときもカワイイから、
ユリちゃんはわざと怒らせるようなこともしそうです(笑)
「怒ってるクララもかわいい~」みたいなw

ご感想、ありがとうございました

また、よろしくおねがいしますね


FC2カウンター

プロフィール

チカ

Author:チカ
女の子と女の子が女の子どうしで女の子し合う話が大好きですvv
同級生百合や姉妹百合が私の嗜好。
けど、上級生×下級生もやっぱ好きvv

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。