tangerine

百合とかGLとかガールズラブとか、いっぱいいっぱい書きたいですvv

 
--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月27日
甘酸っぱい想い


  私は、なんでこんなにアイツのことを求めてるの…?



「でさー…」
「いやいや、それ有り得ないからー」
「え、コレって普通じゃないの!?」
「バッカじゃねーのー」
「あはははは」

学校の休み時間、高橋絵里子はクラスメイトたちと談笑していた。
日常のこと、流行りのこと、放課後どこに行こうか。
そして誰かが面白おかしいことを言えばみんなで笑う。
それはいつもと変わらない日常。

ただ、この日絵里子にとってはいつもと違ってたことがある。
それはクラスメートで自分と同じ自治委員の香田あかりの存在。
彼女もまたいつもの談笑メンバーの一人だから、
今この空間にいることはちっとも不思議ではない。
ただ、この日の絵里子は、その香田のことばかりがとても気になっていた。



 朝、私は香田に会いたいために駆け足で登校した。
 昨日の夜から会いたかったから。
 顔を見たかったから。
 だから、朝、香田に会って「おはよう」って言われたとき、
 すごく嬉しくて、私も「おはよっ」って力いっぱい返した。

 それから、私はずっと香田の姿を追っている。

 授業を聞いてても、気がつけば香田の方ばかり見ていた。
 授業になんて、とても集中できなかった。

 誰か別の友達と話してても、
 香田が視界に入ると、つい目を追ってしまう。
 香田のほうを追ってしまう。



   香田は今何をしているんだろう

   どんな顔をしているのんだろう

   誰とどんな話をしているんだろう



 そして私は昨夕のことを思い出す。
 香田のことばかり考えていたこと、
 苦しくなったとき、香田に助けを求めたこと。



   私はなぜ香田のことがこんなにも気になるんだろう。

   私は香田に…何を求めているんだろう…。



そんな絵里子の気持ちも知らず、
香田はパック入りジュースを片手に
仲間たちと語り合っては笑っている。
思い切り休み時間を満喫している。
(人の気も知らずに…)
少し苛立ちを覚える絵里子だったが、
それでも香田のことが気になり、見つめていた。
すると…

「ん?どうしたの絵里子?」
突然香田が話しかけてきた。
「え!べ、別になんでもないけど!?」
絵里子は突然の問いかけにびっくりして、
必死にごまかそうとした。
「あら、そう?」
香田はそれ以上追及しなかったから、少しほっとする絵里子だった。

(もう…言えるわけないじゃないの、
 『香田のことが…気になって……』だなんて…)

絵里子は一人ばつが悪い思いをしていた。
恥ずかしくて顔が熱くなるのを感じていた。



「これ、飲む?」
「ふぇ?」
香田からの突然の勧めに、間の抜けた返事をする絵里子。
香田が差し出したのは、先ほどまで飲んでたパック入りみかんジュース。
「えぇ!べ、別にいいよ!!」
「そう?さっきずっとこっち見てたからさー」
「うぅ、私そんな物欲しそうなカンジで見てた?」
「見てた!」
きっぱり肯定する香田が何とも憎らしかった。
「そんなんじゃないってば、もう!」
絵里子は思わず語気を荒げたが、
「じゃあなんであたしばっか見てたのかなー?」
にまにまと問い詰める香田。
絵里子は縮こまってしまった。
「うー」
縮こまりながらも絵里子は香田の意地悪に対して少し怒ったような顔を見せていた。
「まあそんな怖い顔しなさんなって。
 ほらほら、これ飲んで落ち着いてよー。
 マジでおいしいからさ」
香田はそう言って絵里子にジュースを手渡した。

(まったくもぅ、香田ったら!
 …でもまあ、いっか、これ飲めば香田もそれ以上追及してこないだろうし)
絵里子は口にストローをくわえ、ジュースを飲む

…あ、おいしい
さすが香田オススメのジュース、
酸味が強いながらも、さわやかな果汁の甘みと調和し、
飲んでてすごくいい気持ちになってくる。
先ほど動揺していた絵里子も、落ち着きを取り戻しつつあった。
冷静さを取り戻しつつあった。



   そういえば、これって、
   香田との間接…キスだよね………
   さっきまで香田が口にしていたものを、
   私が今、口にしてるんだから………



ちょっと嬉しい気持ちになる絵里子、しかし、



   …って、やだ、何考えてるのよ、私!
   別に女の子同士で回し飲みしてるだけなのに、
   なんでそれがそういう考えになっちゃうのよ!
   ありえない…ゼッッッタイありえないから!!



バカみたいな思考はさっさと消し去ってしまおうと思い、吸う力を上げる絵里子。
あっという間にジュースを飲み干してしまった。



「ねー、美味いっしょ?」
「え?…あぁ、うんうん!」
かなりわざとらしい反応だなと自分でも思った。
けど、香田は大袈裟さに気付く気配は無い。
「それ、このごろ新発売されたヤツでね、
 飲んでみたらすっごく美味かったからさー、
 最近あたしの中でブームなワケよー」」
「そう、なんだ…」
香田は楽しげに話しており、絵里子もそれに応えようとしたが、
絵里子は香田の口元が気になって仕方なかった。
そして、さっき考えてたことを思い出して、恥ずかしくなった。



放課後、家に帰り、昨日と同じく早速ベッドに転がる絵里子。
絵里子は天井を見上げ、今日のことを思い出していた。
自治委員としての活動、
ずっと香田ばかりを見ていたこと、
ずっと香田のことばかり考えてたこと、
(………香田のことばっかりじゃん)



そして、香田からジュースを分けてもらったときのこと。
あの時考えてたことがどうしても忘れられなかった。
香田との間接キス、香田の唇…。
絵里子は右手中指を自分の唇にあてて考える。



   香田にもいつか、彼氏ができるのかな?
   そして、私の知らないところでその人と
   出かけたり遊んだりするのかな?
   そして、その人とキスしちゃったり………



そう考えた瞬間、



   そんなの…イヤ……イヤだよ………!



絵里子の体の中に火がついた。  


 
   香田が誰か大事な人を作って、
   私の知らないところで私の知らないことをするなんて…
   デートだって、キスだって…そして………
   そんなの………イヤ!!



絵里子はだんだんと苦しくなっていった。
昨日と同じ苦しみ、しかしその苦痛は昨日のそれを越えるものだった。

熱い…!苦しい…!

絵里子の顔は真っ赤になり、呼吸が非常に乱れていた。



トントントン、ガチャ
「ねーちゃん、また寝てるのか?」
弟の大地はノックし、絵里子の部屋の入る。
そして、苦しむ絵里子を見て仰天した。
「ねーちゃん!?どうしたんだよ!
 …うわっ、すごい熱じゃないか!?」

体温計で計ったところ、絵里子の体温は39度5分。
38度7分でも頭の回転が鈍る以外はわりと平然と生活できる絵里子でも、
この高熱には敵わなかった。

絵里子は母親によってパジャマに着替えさせられ、
ベッドに寝かされた。
「ゆっくり休んだほうがいいわ。
 明日は学校も休んだほうがいいかもしれないわね。
 無理せず今日はもうおやすみなさい」
母はそう言うと部屋の電気を消して出て行った。



一人残された絵里子は、苦しみのなか、ある人の名前を呼んでいた。
今、一番そばにいてほしい人の名前を。



「香田………」



(END)


続きを読む

スポンサーサイト
2008年05月25日
もうしばしお待ちを!

こんばんは、チカです

週末にこーえり小説第2弾出すつもりでしたが、
もう1~2日だけお待ちください~

今書いてるところなんですが、
書いてるうちにどうしても最初考えてたよりもいいと思うイメージがわいてきて、
あれこれ書き直してたらだいぶ時間が経っちゃいまして、
今日のアップはムリな状況になっちゃいました

楽しみにされてる方には大変申し訳ありませんが、
長くお待たせする分、自分の書ける最高のものを作りたいので、
もうしばらくご容赦ください~

今日は小室だー。(武田でも可。渡でも可)


今日はコミハイの発売日
てなワケで、さっそく大分までマイカー飛ばして行きました
雨ヒドくて運転しにくかったけど

コミハイ、定番作品の完結が多いですねー
先月は潜伏魔女が、今月はえびる様と惣吉が終わったし、
来月にはマジョーリアンも終わるんですね。
何となく先行きが心配です
次号からの新連載、タイトルで萎えた…
女子高生、復活しないかなー。

あいたま、制服ポニテなあいちゃんがカワイイ
あいちゃんの役に立ちたいと言う樹里ちゃんに激萌え
中等部の子たち、最近出ないけど、また出てくれないかなー?
ひとひら、さっちー副部長に改めてホレました
たまちゃん部長との友情にカンパイ
今回は山口さんもいいカンジです
でも、麦チョコと甲斐クンは…

で、今日はもう2冊マンガを買いました。
新井葉月センセイの「少女生理学」の1巻と2巻
恋愛物の短編集です。
あ、男女間のね。
今までも欲しいとは思っててなかなか見つからなかったんだけど、
今日グーゼン見つけて即買いです
新井先生の作品は絵も話の内容も非常に温かみがあって大好きなのです
こういうの読むと、ホント恋したくなりますねー

さーて、こーえり小説書きますか。

2008年05月22日
のまのまいぇい!

というわけで、昨日は職場の課の飲み会でした
久々の飲み会でとっても楽しかったです
一人がなにかチューハイ頼むとその他大勢がみんな同じものを頼むウチの課の結束力に萌え
店員さんにもやさしいウチらの飲み会です

だいたい私は飲み会でハメをはずして失態を演じることが多いのですが
昨日はだいじょうぶでした
たぶん…。

以前は酔った勢いで2次元の美少女について熱く語ったらしく、
周りからひかれたこともあったとか
大抵の人が理解できなかったようで…。
いや、あれ以来気をつけてますよ

さーて、次回のこーえり小説は…
今週末にアップ予定です
それでは、次回もまた見てくださいねー、ん、が、んん!(←古)

先日のSSに拍手を下さった皆様、ありがとうございます
続きも執筆中ですので、しばしお待ちください

今日、女子高生分を充填するために『女子高生』の6巻を読んでたら、
面白いことに気付きました
由真ちゃんと桃香ちゃんがケンカする話なんですけど、
由真ちゃんは普段は絵里子ちゃんたちと寄り道しながら帰ってるのに、
この回に限っては桃香ちゃんと一緒に帰ってるんですよ
なんでケンカしてるときに限って一緒に帰ってるんだろう(笑)
2人の微妙な関係が垣間見えて、なんかいいです

由真×桃香ももうしばらくしたら書きますですよー



  なんでアイツのことが…

  こんなにも気になるんだろう…



それは、季節が夏から秋に変わってしばらくたち、
そろそろ肌寒さをも感じられるようになった頃の話。

私立山咲女子学園富士高等学校2年生は先週に修学旅行が終わり、
生徒たちは校外で得た貴重な経験に対する興奮を残しながらも、
少しずつ日常を取り戻しつつあった。

修学旅行で各クラスを代表する生徒のことを旅行委員というが、
松組に所属する高橋絵里子もその一人であった。

今、校舎の会議室で修学旅行の結果・反省を取りまとめる
最後の旅行委員会が行なわれているが、
それももう終わろうとしている。
そして、委員会の進行役の「今までお疲れ様でした」の声があがり、
その年の旅行委員会は解散した。

「あーあ、とうとう終わっちゃったんだなー」
背伸びしながらそう漏らす絵里子。
これで絵里子は旅行委員としての役目を全うしたことになる。

「絵里子、ごくろうさん」
「おつかれ、絵里ちゃん」
絵里子はクラスメートたちの信望が厚く、クラスの人気者。
クラスに戻ると、クラスメートみんなが絵里子を労ってくれていた。
「ありがとう、みんなのおかげだよ」
絵里子は嬉しくなり、そう返した。

そんな中、
「絵ー里ー子っ!」
「うわっ」
後ろから抱き付いてきたのは香田あかり、
彼女も絵里子と同じく旅行委員であった。
「絵里子、ホントにおつかれちゃん」
「クスッ、香田もね」
大仕事をやり遂げた達成感、
クラスのみんなからの労いの言葉に加え、
香田に後ろから抱かれる感触がとても心地よくて、
絵里子は至福に浸っていた。



しかし、そんな幸せも長くは続かなかった…。



「おりゃー!」
「むぎゃ~!」
突然香田はそのまま絵里子にさば折りを仕掛けたのである。
絵里子は突然の苦しみに、まるで怪獣の鳴き声のような声をあげてしまった。
体がミシミシ言ってる気がするのは多分気のせいではない。
「うぎゅ~、ロープロープ~」
絵里子はかろうじて動く右腕であるはずのないロープを必死に探していた。
〈その後、香田はクラスメートたちからリンチを受けたということを、
 特に必要な情報ではないかもしれないが、一応記しておく〉



「まったく、香田ってば!」
空気を読まない香田のいたずらに少し怒りながら、
絵里子は自宅に戻った。

そしてすぐさま自分の部屋に入ると、制服のままベッドに横たわった。
「うーん、ふかふか、気持ちいい~」
絵里子は先ほどの学校でのことを思い出していた。
「旅行委員、大変だったけど、やってよかったなー。
 みんなにあんなに感謝してもらえて、すごく嬉しい。
 香田もなんだかんだでがんばってくれてたし、すっごく楽しかった。」
思い出してみると、自然に笑みがこぼれる絵里子。
しかし、


”香田、か…”


絵里子は少し落ち着いたような顔になり、
同じ旅行委員として苦難をともにした香田のことを考えていた。



  最初香田に抱きつかれたときは、
  すごく気持ちよかったっていうか、
  何だか、すごくほっとした気分になっちゃったなー。

  …そういえば香田とは、
  今回の旅行委員のほかにも、
  文化祭の運営委員もやったんだっけ。
  あの時もすごく忙しかったけど、
  なんだかんだでけっこう楽しかった気がする。
  バラバラだったクラスが一つにまとまったんだし。
  そして、今回の旅行委員も…



絵里子は目を閉じて、さらに考える。



  何だか、香田とならどんなことでも出来そうな気がする。
  どんなことでも楽しくやれそうな気がする。

  これからも香田といっしょにいろんなことができるのかな?
  うん、きっとできるはず。
  だって、香田は言ってくれたんだもん。



  ―10年後もいっしょ―



  だから、香田とは今後もいろんなことを経験して、
  どんな難しいことでも乗り越えていって、
  お互いに喜び合って…



自然に自分の胸に左手をあてる絵里子。



ドキンドキン、ドキンドキン



(あ、あれ?)

気がつくと、絵里子の胸は溶けそうなほどに熱くなっていた。
そして、胸の鼓動が次第に大きく、そして速くなっていった。

(な…何なの、これ…)

今まで味わったことの無い感覚に、絵里子は戸惑いを隠せない。
鼓動は次第に強く、そして速くなっていく。

(まるで、心臓が張り裂けそう…)

絵里子は両手で必死に胸をおさえていた。
その両手、特に胸に近い方の左手には、
大きなバクンバクンという鼓動が伝わっていた。

(お願い、落ち着いて!落ち着いてよ!
 じゃないと…私、このまま死んじゃいそう)

何かから身を守るかのように膝を上げ、体を丸める絵里子。
絵里子の目には涙が溜まっていた。
今まで味わったことの無い感触に、絵里子は苦しみ、恐怖、不安を抱いていた。



  助けて…香田…!

  すぐ来て…香田……!

  香田…香田………!



チャーチャーチャーチャチャーララーラー♪



「ハッ!」
突然流れた「キラメク」のメロディーに、絵里子は我に帰った。

まだ心臓はドキドキ言ってるが、先ほどのバクンバクンに比べれば、
かなり落ち着いたほうである。
「ハァ、ハァ…」
まだ息切れはしていたが、先ほどに比べれば、
呼吸も楽になっていた。

落ち着きを取り戻した絵里子は音源に手をやった。
「キラメク」は、絵里子の携帯電話にメールが来たことを伝えていた。
絵里子は先ほどの事態に疲れた表情をしながらも、
その内容を確認した。


 ”やほーい、絵里子はもうおうち帰ったのかにゃ?
  今まで委員たいへんだったね~。
  ホントにオツカレーショーン(^0^)
  今日は久々に早く帰れたからもう寝ちゃうNe☆
  グンナーイ-_-)/~~
  by いつも心に太陽を! あかりん”


「…香田ったら」
思わずクスッと笑う絵里子。

絵里子は香田からのメールに”香田もおつかれ、おやすみ”とだけ打って返信した。
香田のことだから、
長々と時間かけて文章を打ったところで、返信を待たずしてガン寝するであろうことを、
絵里子は知っていたから。
せめて香田が起きているうちに返したいと思っていた。

その後香田からメールが来ることは無かったが、
自分のメールを見て床に就いたんだろうなと思うと、
何だか嬉しい気持ちになる絵里子だった。。
先ほどのような苦しみ・恐怖・不安はもう無い。



  何であんなに苦しかったんだろう?
  何であの時香田に助けを求めたんだろう?
  そして、何で香田からのメールを見たとたん
  苦しさが無くなったんだろう?



絵里子は枕を抱きながら考えていた。



  …何だか今、すごく香田に会いたいな。
  別に話題とかあるわけじゃないけど、
  今ここに香田がいれば…



  早く…明日に、ならないかな?



  明日になれば、また香田に会えるから…



目を閉じてそのようなことを考えてしまう絵里子だったが、
疲れていたせいか、そのまま彼女は眠ってしまうのであった。



  …この気持ち、いったい何なんだろう?



(END)



↓ 後記なのです


 

続きを読む

女子高生百合SSメインで立ち上げたと言いつつ、
まだSS作品が無い状態の当ブログですが、
現在1つ作品を作っておりますので、
今週の半ば頃に完成させてアップしようと思います

予告しますと、香田×絵里子です
修学旅行後の話ですよ~
2人の馴れ初め的な話を作成中です

すでにラブラブなら己の煩悩の向くがままに書けるんですけど、
馴れ初め話はちょっと難しいですね~
書いては消しを繰り返してようやく方向性が見えてきたってカンジです。
今日はほぼこれだけで1日過ごしましたw
楽しかったからまあよし

ではでは、もうしばらくお待ちくださいませ~

9日に拍手を下さった方、ありがとうございました~
ご期待に応えられるようがんばっていきますです

ハァ、ハァ、お、落ち着け自分!!

昨日は記念すべき『女子高生』の鈴木由真ちゃんのお誕生日だったわけですが、
なんと、それを記念して大島先生のブログに由真ちゃんの絵が~~~!!!

な、なんてエロカワイイ由真ちゃん
そんな悩殺ポーズで「あーん」なんてされちゃー、もうどうかなっちゃいそうです(≧∀≦)
口元についたクリームは誰にどんな方法で取ってもらうんでしょ(笑)
妄想が暴走w

しかもこの絵、デスクトップの背景にすると、とってもいいカンジに
パソコン起動するたびに由真ちゃんが「あーん」してくれるんですよ~
起動するたび萌死確定です(≧ω≦)

私も大島先生のサイトのウェブ拍手で由真ちゃんのお誕生日祝いを贈ったのですが、
こんなステキな由真ちゃんにお目にかかれるとは夢にも思いませんでした
しかも、拍手送ったときに出た絵は桃香ちゃんで、2倍ハッピー
桃香ちゃんがお祝いした形に脳内変換です

私は由真ちゃんが「あーん」してくれるケーキも食べたいけど、
どちらかといえばエロカワポーズの由真ちゃん自身をおいしくいただき・・・
うわなにをするやめqあwせdrftgyふじこlp

2008年05月05日
今日、5月5日は、

バカ軍団のアネゴ肌、
鈴木由真ちゃんのお誕生日なのです~
由真ちゃんお誕生日おめでとう~

『女子高生』のキャラの中でも、由真ちゃんは特にお気に入りのコなので、
私の中の世界の中心でお祝いを叫ぶのであります

みんなからはどんなプレゼントもらうのかなー?
特に桃香ちゃんはどんなお祝いしてくれるんだろう??
いつもより気合の入った手料理とか作ってくれるんだろうなー
大好きな(←ココ強調!!)お姉ちゃんのために
プレゼントは、下着は由真ちゃんが誤って洗濯しちゃってケンカになったから、
今回はケンカにならないようなのをいろいろ考えて厳選したんだと思います

で、最後は、
由真「桃香、今日はアリガトな」
桃香「べ、別にいいわよ。
    その分私の誕生日のときはお姉ちゃんにめいっぱいお祝いしてもらうんだから」
とか照れながら言ってたら最高です

ホントおめでと、由真ちゃん




続きを読む

5月1~3日は職場のある大分に戻ってたのですが、
また今日からしばらく福岡に戻ってます

天神は博多どんたくで空気が舞い上がってるのに、
私は同人誌ショップ巡りで心が舞い上がってました
メロンブックスでは今流行りの”キョン子”本をプッシュしてましたので、
私も何冊か購入
キョン子カワイイよキョン子

で、店内で女の子たちのこんな会話。
大島先生の『女子高生』のコミック本が陳列されてるのを見て、
「あ、『女子高生』」
「これ結構おもしろいよ」
・・・その子たちも『女子高生』が面白いと思ってるようです
同志ハケーン

で、その後の女の子の言葉。
「コレ、メガネの子がムカツクんだよね」
「あー、イケメンの彼氏がいるヤツやろー」
・・・綾乃がウザキャラと思われるのはどうやら世界共通のようですw

では、6日までは福岡にいますー

FC2カウンター

プロフィール

チカ

Author:チカ
女の子と女の子が女の子どうしで女の子し合う話が大好きですvv
同級生百合や姉妹百合が私の嗜好。
けど、上級生×下級生もやっぱ好きvv

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。