tangerine

百合とかGLとかガールズラブとか、いっぱいいっぱい書きたいですvv

 
--年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月02日
あなたといっしょ

「うりゃ、とりゃー!」

今日も私は日課の放課後自主トレーニングをしていた。
何にも縛られず、自分の好きなように体を動かせるので、
とても気持ちがよく、ついつい気合を入れてしまう。

けど、最近は特に気合が入ってるみたいで、
我ながら拳筋がいいように思える。
どうしてなのかは、もうわかってる。
私には、自分ががんばっているところを見てほしい人がいるから。

一通りのメニューをこなして私は一息入れた。
そして、耳を澄ますと、
たったったっと、音が聞こえてきた。
間違いない。
そこまで超人的な聴覚を持ってるわけではないけど、
数多くある足音のなかでも、
この足音がそれだとは、なぜかわかってしまう。
そしてこの音を聞くと、自然と胸がときめいてくる。
その音が次第に近づいてくると私は、
もう待っていることができず、
自ら足音の主のところまで駆け寄っていくのだった。



「今日はレモンのクッキー作ってきましたよ」
「ありがと、いつも悪いね」
そう言って私はクララがバスケットに入れて持ってきた、
平べったいレモンの形をしたクッキーを取り、
ぱくっと口に入れた。
さくっとした食感の後から出てくるレモンの甘みと酸味が、
トレーニングでいじめぬいた体を癒してくれる。
「うん、すっごくおいしいよ」
「ふふ、気に入っていただけてよかったです」

「クララもいっしょに食べよ?」
「え?でもこれ、ユリさんのために作ったものですし」
「いくら食いしん坊な私でも、こんなにいっぱい食べきれないからさ。
 それに、こないだのタルトみたいに私だけ食べてるのもアレだしさ。
 ね?」
「そうですか…そういうことでしたら」
そう言うとクララも自らが作ったクッキーをバスケットから取り出し、
食べ始めた。
私がそのままかじりつくのに対し、
割って少しずつ食べるところがクララらしいなと思った。



私はクッキーを食べながらクララを見ていた。
クララには気付かれないように。

ぱっちりとした大きな目、
長い髪を2つの三つ編みでお下げにした髪型、
細い体、細い腕、
細くてきれいな指、細くてきれいな足。
そして、とってもおしとやかで、
お菓子作りが好きで…。

クララは本当に女の子らしくて、
同じ女の私でもドキッとしてしまう。

クララのことを知るたびに、私は意識してしまう。
クララと私、同じ女なのに、全然違うということを。
クララは私の持ってないものを、たくさん持っているということを。
そして、私はそんなクララにあこがれているのだということを。



そんなことこんなこと、いろいろ考えをめぐらせて、
ようやく現実に帰ると、私は驚いた。
クララも私の方を見つめていたから。
それも、私はというと気付かれないようチラ見しかしていなかったというのに、
クララはというと、
穏やかな笑顔で嬉しそうにこちらを見つめていた。

「な、何かなー?」
ずっと見つめられてたこと、なのに自分はチラ見しかしていなかったこと、
二重の意味で意味で恥ずかしくなった私は、
何とかごまかそうとしてクララに聞いた。
「あ、ごめんなさい」
クララはまず謝ってきた。
謝るのは私の方だったかもしれないのに。
そしてクララは言葉を続けた。

「ユリさんと私、なんとなく似てるかもって思いましたので…」
「え?」

私は耳を疑った。
今のクララの言葉がとても信じられなかったから。
私はクララの顔を見てみた。
クララの顔は、本当に天使のようにおだやかで少しの陰りも感じられなかった。
だからわかった。
クララは心からそう思っているのだと。



それでも私はクララの言葉が信じられず、聞いてみることにした。
「私とクララ、どこが…似てると思うの?」
「え?あの…ご迷惑でしたか?」
私は動揺を振り切るように、無理やり押し出すような声で聞いてみたけど、
それにクララはびっくりしたようだった。
「あ、いやいや、違うって、違うって」
クララにいらぬ心配はさせまいと、必死に取り繕う私。
大事なことなので2度言いました。
「だってその…
 クララってとっても女の子らしいから。
 カワイイし、やさしいし、お菓子作れるし。
 私なんて…落ち着き無くて喧嘩っ早くて、
 勉強も苦手でガサツだから…その…」
ダメだ、言えば言うほどヘコんでいってしまう。
女としてどうなんだって思ってしまう。
「そ、そんなこと…って言うか、
 自分のことを悪く言っちゃダメです!」
「あ、はい!」
突然強い語調で私を諭すクララだったが、
素直に従うと、また穏やかな顔と口調に戻った。



「魔法学科の課題で、ホウキで空を飛ぶというものがあるの、知ってます?」
「うん、知ってるよ」
私も外で授業があってるときに、
魔法学科の生徒達がホウキに乗って飛んでいる姿を度々見たことがある。
生徒によっては杖やミサイルだったりもするようだけど。
乗り方も様々で、またがって乗る生徒がほとんどのようだけど、
しがみつくように乗ってる子もいれば、立ち乗りしてる子もいた気がする。
「実は私、あれがすごく苦手でして、
 なかなかできなかったんです」
「クララが?」
ホウキで飛行する魔術は、魔法を学ぶ者にとっては基本中の基本、
成績優秀なクララがそれを苦手としていたことは意外だった。
「はい、だから私、放課後もずっとずっと練習を重ねまして、
 ようやく乗れるようになったんです」
「そう、なんだ」
私はクララが練習している姿を想像した。
ホウキで飛行する練習って、何をどうやるのかはよくわからないけど、
クララが一生懸命努力している姿を想像すると、
そのとき私がそばにいなかったことが、ちょっとだけ悔しく思えた。
「だから、ユリさんが放課後に特訓しているところを見てると、
 そのころの私を見ているみたいで、
 応援したくなっちゃうんです。
 がんばれー、がんばれーって」
「クララ…」
クララが発した命令形の言葉が、何だかものすごく愛らしい。



「それに…」
「それに?」
「ユリさん、私とお話しするの、楽しいですか?」
「え…?」
さっきまで私の質問に答えていたはずのクララが、
急に質問し返してきたので少し戸惑ったが、すぐに持ち直すと、
「うん、とっても!」
と、笑顔で答えた。
その笑顔は決して作ったものではなく、自然に出てきたものだった。
「そっか…よかった。
 私もユリさんとお話しするの、すごく楽しいです」
 それに…」
クララは胸の前で軽く手を合わせ、
「私、ユリさんになら、
 私のこと、何でも話せそうな気がして、すごく安心できるんです」
少し顔を赤くしながらそう言った。



「クララ…」
嬉しかった。クララの言葉が。
私になら、何でも話してくれるということが。
そして何より、私と同じ気持ちでいてくれたことが。
だから、私もこう返した。
「私も、クララになら、何だって話せるよ。
 バカみたいなことだって、悩み事だって、
 恥ずかしいことだって、
 クララになら、みんなみんな…」
「ユリ…さん」



「いっしょだね…」
「そうですね…」



私の中で何かがこみ上げてきて、
胸が熱くなってきた。
それは、内に秘めておくにはあまりに大きすぎる、
今まで抱いたことに無い特別な感情だった。

内に秘めておくことができないのであれば、
もう、後は解き放つしかない。



「だから、言うね」
準備をしていたわけではない。
だってこの気持ちに気付いたのは、まさに今だったから。
でも、だからこそ飾り気の無い純粋な思いを伝えられる気がした。
今まで培ってきた、クララに対する思いを。
クララになら何だって言える。
だから、言うんだ。
今の自分の気持ちを。



「クララ…大好き」



「私も…ユリさんのこと……大好きです…」



クララの返事を確認すると、
私はクララを抱き寄せ、
自分の唇をクララの小さな唇に重ね合わせた。



はじめてのキス、クララとのキスは、
とってもやわらかくて、
あまずっぱい、恋の味がした…



「もう、帰らないと」
「…お願い。
 もう少しだけ、こうさせて?」
「…はい」
もうすっかり夜になっていたけど、
私とクララは満天の星空のもと、寄り添い合っていた。
まるで、星の瞬きが私たちを祝福しているようで、
とても嬉しかった。



温かいこの気持ち、温かいこの想いを大切に、
これからのアカデミーでの生活を送っていこう。



私の愛しい恋人、クララといっしょに…



(END)



  ↓後記&コメントへのレスでーす♪



続きを読む

スポンサーサイト
2008年08月25日
アタタカナアナタ

「えいっ、てやっ、たー!」
放課後の自主トレは私の日課。
じっとしているのが苦手な私にとって、
めいっぱい体を動かせることはすごく楽しいことだ。

けど、最近は特に気合が入ってるなって、
自分でもよくわかる。
だって、あの日以来、
私はこの時間がまた違った意味で、
楽しみになったから。



「ユリさーん」
私を呼ぶ声が聞こえてきて、
私は動きを止めた。

彼女はバスケットを両手で持って駆け寄ってくる。
お似合いのお下げ髪を揺らしながら。
そんな彼女が少しずつ近づいてくるにつれて、
私はなんだかドキドキしてくる。
嬉しい、だけどそれ以上の温かい気持ちになってくる。
私は友達はたくさんいるけど、
こんな気持ちにさせるのは、
彼女だけ・・・。
クララだけ・・・。



「クララ、今日も来てくれたんだね」
私は去来する気持ちを心のうちにしまい、
いつもの私を見せた。
「はい、今日もお菓子作ってきたんですよ。
 どうですか?」
「うん!今日もさんざん動いたから、
 もうお腹ペコペコ~」
「じゃあ、あの木の下に座りましょうか」
「そだねー」
私たちは近くにある大きな木の下に腰掛けた。



クララが持ってきたバスケットに入っていたのは、
クララお手製の林檎のタルト。
「いっただっきまーす」
「ふふ、どうぞ召し上がれ」
私はクララの作ってくれたタルトに手をやった。
ほのかに温かいのは焼きたての証。
ぱくり。
そこそこの大きさのタルトだったが、
私は空腹だったこともあって、一口で食べてしまった。
「うーん、おいしい~」
「よかったー、どんどん食べて下さいね」
クララは満面の笑みを私に見せてくれた。
まるで天使のように、やさしい笑みを。

クララのこのような笑みを間近で見られる私は、
世界一の幸せものだと思う。
まるで、私の中に潜むけがれや煩悩が、
全て浄化されていくかのよう(そんな私は想像できないけど)。



私はまた一つタルトを手に取った。
やっぱり温かい。
でも、温かいのは、
きっと焼きたてだからというだけではない。


  きっと…クララの温もりが、このタルトには詰まっているから。


そう思うと私は、
さっきは一口で食べてしまったけど、
何だかそれがもったいない気がして、
ゆっくりと少しずつ食べるようになっていた。


  少しでも長く、この温もりを味わっていたかったから。

  決して冷めることのない、この温もりを。


ゆっくり食べたはずのタルトも、
いつの間にかなくなっていた。
いや、全部私が食べたのは確かなんだけれども、
もっともっと食べていたかった。
元々食欲旺盛な私ではあるけれど、
今回はそれが原因でないことくらいは、
オツムの軽い私でもわかることだった。

「ふふふ、おいしくお召し上がりいただけたようで、
 よかったです」
クララの嬉しそうな顔を見て、私も幸せな気分になる。
「ごちそうさまでしたー!」
と、手首を直角に曲げて手を合わせてはっきりと言った。
クララへの感謝の気持ちを込めて。



食べ終わった後、
私たちはしばらく何も言わず、
木の下に座っていた。
私は手を地に付いて足を広げて(スパッツはいてるから問題ナシ!)、
クララは足を閉じてスカートの上に手を置いて。
「クララ…」
「なんですか?」
私は空を見上げながらクララの名前を呼んだ。
そして、それに彼女も答えた。
「これからも、来てくれる?」
「え…?」
「あ!いつも来てもらうのも悪いしさ、
 何だったら私のほうからクララのとこ行ってもいいんだけど!」
なぜか動揺してしまっている私。
何か変なこと言ったかな?
変なふうに思われたりしてないかな?
そういう不安がよぎっていたのかもしれない。
だけど、何とか心を落ち着けようとした。
後から思えば、そんな不安定な状況だったからかもしれない。
私の本心が言葉に出たのは。

「私…クララのこと…もっと、知りたいから」

だって、クララの存在は、
こんなにも私の心に温もりを与えてくれるから。

「ユリさん…」
少しの静寂の後、クララは言葉を返してきた。

「私も、ユリさんのこと、もっと知りたいです」

それは、聖母のようにやさしい微笑で。



「クララ…」
「ユリさん…」

自然と私たちの手は触れ合い、
そして重なり合っていた。

「クララの手…温かいんだね……」
「ユリさんだって…」
「…!」

私はクララの言葉に少し驚いたけど、
驚きはすぐ嬉しさに変わり、
私の心を温めてくれた。

夕焼けは夜空へと変わりかけ、
気温は少しずつ下がりかけていた。
しかし、私たち2人はしばらくお互いの温もりに浸っているのであった。



(END)



 ↓ 後記ですじょ



続きを読む

2008年07月13日
beautiful legs

それはある日の放課後、
私が自主トレをしていたときのこと。

「いちちち…」
私としたことが、ヘマやらかして、右ひざをすりむいてしまった。
そこからは真っ赤な血がにじみ出てきている。
格闘系学科に所属している私。
ケガなんて日常茶飯事。
だから、その程度のケガをしてしまったとしても、
「あっちゃー、やってもーたー」で済ませる程度のことだった。
そして、今回のケガも、それで済んでしまうと思っていた。



「あの、大丈夫ですか?」
「ふぇ?」
予期しない呼びかけに、思わず間の抜けた返事をしてしまう私。
前かがみになってケガしたひざを見ていた私だったが、
その声を聞いて視線をそのまま前方に移した。

(うわ、細くてきれいな足…)
本当に一点の汚れも無い、
真っ白な美しい足だったので、私は驚いた。
…人の足を見てこれほど感心したのははじめてだ。

すると、その足の持ち主が突然しゃがんで、
「あの、立てます?」と心配そうな声で聞いてきた。
足が見えなくなったため、
「あ、うん」と言うと、私は顔を上げた。

視線を水平に戻すと、
そこには一人の女の子がいた。
色白で、ちょっと小さめの口で、薄紅色の唇、
丸い縁なしの眼鏡をかけた、
栗色の艶やかな髪を2つのお下げでまとめた女の子。
眼鏡の向こうの瞳はすごくぱっちりしていて、
まるで女の子の見本のよう。

私も一応女の子だけど、
私と彼女は見た目が大きくかけ離れていたから、
同じ女の子でいることに、少々図々しさを感じた。

「よかった、ずっとかがんだまま何も返事が無かったから、
 かなりひどいおケガをされたんじゃないかと思ったんですけど」
「へ?…ずっと?」
「えぇ、ずっとと言いますか、しばらくそんな感じでした」
「あ、そ、そう…なんだ」
私は何とも決まりが悪くて彼女から目を逸らした。
「あなたの足に見とれてました」…なんて言えない…。
言ったらゼッタイ変態だと思われる…。

「ちょっと、じっとしていただけますか?」
また呼びかけられたので、
「あ、うん」と言って顔を前に戻した。
すると彼女はスカートのポケットから、
白いハンカチを取り出して、私のひざに当てようとした。
わたしはびっくりして、
「え?ちょっと、別にいいよ!
 こんなのなめときゃ治るようなもんだし!」
と言って、彼女を止めようとした。

彼女の肌と同じ色のハンカチ、
それが私の血で染まるということは、
彼女のきれいな肌を汚してしまう、
何故かそんな気がしたから。

けど、
「駄目ですよ!ばい菌とかが入ったら大変です!」
と、先ほどの穏やかさとは打って変わって、
厳しい口調で返してきた。
「は、はい…」
その剣幕に思わず圧倒されてしまった私。
そのまま彼女のやることを受け入れざるを得なかった。

私は黙ってひざを手当てしてもらっていた。
彼女もまた黙って私のひざにハンカチを当ててくれている。
その間私は自分のひざを見ているふうに見せかけて、
彼女自身を見ていた。
白い肌、眼鏡の奥の大きな瞳、栗色のお下げ髪、
細い体、細い腕、
そして今はスカートで隠れて見えないけど、細い足。


   なんだか…引き込まれちゃいそう


それでもよかった。
そうなればきっと、私に潜む全ての汚れも浄化してくれる、
そんな気がしたから。



「血、止まりましたよ」
その声で、私は我に帰った。
「あ、ありがとう…」
私ははっきりお礼を言うつもりだったけど、
さっき考えてたことを思い出して、少し恥ずかしくなり、
どもってしまった。
「でも、すぐに消毒して、絆創膏を貼ってくださいね。
 せっかくきれいな足をお持ちなんですから」
「え!?」
私はその言葉に驚いた。
だって、彼女のほうが私よりもずっっっときれいな足をしてたから。
「そ、そんなこと…」
私は否定しようとしたが、
「ありますよ」
私が言い終わらないうちに、彼女が返してきた。
「だから、もっとご自分のことを、大事にしてくださいね」
彼女はそういうと両手で私の右手を優しく握ってきた。

彼女の思いが、
握られた手を通じて私の体に入ってくるようだった。
彼女の言ったことはお世辞でも何でもない、
本心からの言葉なんだと、私は感じ取った。
細く小さな体をしているのに、
彼女の思いはとてつもなく大きく、そして温かい。
それが私の体の中に入っていくにつれ、
私の中で何かが芽生えつつあった。



「じゃ、私、もう行きますね」
「ちょっと待って!」
これから去ろうとしている彼女を、
私は引き止めた。
「あなたの名前、聞いてもいいかな?
 あ、私、ユリって言うんだけど」
人に名前を聞くときはまず自分からという礼儀を、
焦りのため一瞬忘れてしまった私。
付け足しのように自分の名前を言った。
変に思われたのではと不安だったけど、
彼女は天使のような微笑を浮かべて応えてくれた。
「私、クララって言います」
(クララ…)
私は絶対忘れないよう、
彼女の名前を深く心に刻み込んだ。

「私、いつもこの時間ここで自主トレしてるからさ。
 だから、また…会ってくれる……かな?」
ちょっと照れくさくて、
トーンダウンしてしまう私。
でも、そんな私にクララは、満面の笑みで応えてくれた。
「ええ、喜んで!」



寮に戻る途中、私は嬉しい気持ちになっていた。


   明日、またあの子…クララに会える


私は嬉しくなって、思わず足取りが軽くなった。
しかし、右足に痛みを感じ、
そういえばケガをしたんだってことを思い出した。
「まずは、ちゃんとひざのケガを治療しないとね」
私はクララのためにも、
そう言い聞かせたのだった。



(END)



↓欲望まみれな後記(ぇ)

続きを読む

FC2カウンター

プロフィール

チカ

Author:チカ
女の子と女の子が女の子どうしで女の子し合う話が大好きですvv
同級生百合や姉妹百合が私の嗜好。
けど、上級生×下級生もやっぱ好きvv

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。